NPO法人 春日イーグルス
総合型地域スポーツクラブ




トップページへ サッカー(U-12、U-15、U-18、社会人、シニア、ガールズ) 多種目(バドミントン、走り方教室、3B体操) 入会案内/活動概要(すべてのカテゴリー) リンク インフォメーション/アクセス

Home > Concept

   Concept(育成コンセプト/活動理念)





◆長続きするクラブを!
 (指導者について考える)


◆これまでのスポーツ
  これからのスポーツ



◆子どもにわかりやすい
  指導とは?



◆選手とコーチの
  コミュニケーションについて



◆競技志向のその中で?
 (育成について考える)



◆自分たちでルールを作り
  自分たちの意志で守る


◆自立したサッカー選手を育てる


◆Playerから信頼されるために
  コーチは全力をつくす



◆主役は選手であり指導者
  ではない(Players First)


◆PATROL しましょう
 (よりよい指導者になるために)


◆サッカーをする子を持つ
  保護者の方に



長続きするクラブを!(指導について考える) 春日イーグルス ユース監督 杉山 活明
いい指導者がいない限り、長続きするいいクラブはできない。
いい指導者がひとりだけでは、たてのつながりのあるクラブはできない。
 
いい指導者とは?
いい選手を育てる  チームが強い  人間性の向上
これを長く継続する人。このような人が複数名必要。

長続きするいい指導法は? 
楽しく無理のない方法、しかもチームは強くなっていく。

春日イーグルスでは、以下のことに注意してやっています。 

***

長続きする方法

数年で疲れるのでは?

1度にコーチングする人数→

15人〜20人

30人以上

選手との接し方→

ふつうに接する

権力的に接する

選手の判断基準→

自分で判断することを
大切にする

コーチが権力的

選手とコーチの
 コミュニケーション→

話す内容が重要となる

いつも叱らないといけない

リーダーの役割→

何でも相談

コーチの小間使い

規律は→

自分で判断すること

コーチが権力的にコントロール


 
コーチから選手へのトップダウン(権力的)の形ではなく、ゆるやかにリラックスした状態よりスタートし、意識の満ちたトレーニングを目指すサッカーへのこだわり、そして強くなっていくことにより規律のしっかりしたチーム/クラブを目指す。

小学1年生〜ジュニアユース〜ユース〜社会人〜シニアまで12学年以上のたてのつながり、クラブ創立からの歴史とプライド、地域での横のつながり、このような積み重ねが何年/何十年つづいて地域に根ざした、
地域に深く理解されたいいクラブになるのではないでしょうか?

どの町にも当たり前のようにクラブチームが存在できるようにみんなで協力しましょう。






◆これまでのスポーツこれからのスポーツ

これまでのスポーツ

これからのスポーツ

チーム

クラブ

選手

プレーヤー

多くの「補欠」を生むシステム

「補欠ゼロ」のスポーツシステム

「競技」志向

「プレイ〜スポーツ〜競技」多様なあり方

「大会」中心

「日常生活」中心

トーナメント

リーグ

「引退」のあるスポーツライフ

「引退なし」の生涯スポーツライフ

「する」のみのスポーツライフ

「する・みる・語る・ささえる」多様なスポーツ

単一の価値観に集約するシステム

多様な価値観を認め受容するシステム

学校・企業

地 域


このような方向性で、「スポーツ」を、「スポーツの場」を、そして「スポーツ好きな人」を育てていくことが大切なのではないでしょうか?





Information
NPO法人 春日イーグルス
〒816−0813
福岡県春日市惣利3−46
092−595−5197

 Copyright (C) 2007 kasuga eagles All Rights Reserved.