NPO法人 春日イーグルス
総合型地域スポーツクラブ




トップページへ サッカー(U-12、U-15、U-18、社会人、シニア、ガールズ) 多種目(バドミントン、走り方教室、3B体操) 入会案内/活動概要(すべてのカテゴリー) リンク インフォメーション/アクセス

Home > Concept

   Concept(育成コンセプト/活動理念)





◆長続きするクラブを!
 (指導者について考える)


◆これまでのスポーツ
  これからのスポーツ



◆子どもにわかりやすい
  指導とは?



◆選手とコーチの
  コミュニケーションについて



◆競技志向のその中で?
 (育成について考える)



◆自分たちでルールを作り
  自分たちの意志で守る


◆自立したサッカー選手を育てる


◆Playerから信頼されるために
  コーチは全力をつくす



◆主役は選手であり指導者
  ではない(Players First)


◆PATROL しましょう
 (よりよい指導者になるために)


◆サッカーをする子を持つ
  保護者の方に



◆自立したサッカー選手を育てる

監督の権威を力づくで誇示しようとする指導者は、選手が自分に屈服し思うがままに従うことによって満足している場合が多い。

しかし、サッカーとは、個々の選手がいかに自立しているかが重要であり、試合のあらゆる場面で選手は自分自身で瞬時に判断し、行動しなければならない。

ベンチにいる監督・コーチの顔色を伺いつつ、ハラハラ、ドキドキしながらプレーしていたのではイマジネーション豊かなプレーなど育つはずもない。

指導者が選手という「ひと」をどう見るかという人間観は、質の高いトレーニングを考える上でとても重要である。

つまり、ポジティブな指導者は選手をつねに前向きに成長させ、毎日のトレーニングでも課題意識を明確にしながら、選手自身が考えているか、周りを見ようとしているか、判断は正しかったか、というふうに選手と同じレベルで考え、選手を尊重しながらコーチングを進めていくのである。

しかし、バカだ、ダメだと怒鳴りなってばかりいるコーチの下では、教える〜教えられるという一方的な関係が固定され、選手自身が考え、行動する習慣と自由を奪ってしまうことにもなりかねない。

質の高いトレーニングとは、楽をしてうまくなる方法を意味しているのではなく、同じ時間とエネルギーを費やすならば、より効果的に、勝つために必要なものを着実に身につけていく方法を指しているのである 。

そして、それを実践していくためには、変わりゆく日本の若者世代を尊重し、話し合い、信頼し合える人間関係がそのベースになければならないと我々(イーグルススタッフ)は考えています。

決して、選手に迎合せよというのではなく、節度を持った自立した選手を、1人でも多く育てることは、日本のサッカーの底上げにつがると思う。



◆Playerから信頼されるためにコーチは全力をつくす

×コーチがチームを強くすることで、自分の評価を高めようという考えでなく
                ↓
○ 選手達をなんとかしてやりたいという愛情が必要
                ↓
スポーツの世界だけでなく、教育会、経済界、政界など今の痛んだ日本社会そのために必要なことなのかもしれない。

自分さえよければいいのではなく、自分がどれだけ人の役に立てるかということを考える必要があるのではないでしょうか?

人間関係の原点に立ち戻ってみては?

チームを強くすることにおいて、コーチや選手が、一度は通過しなくてはならない心の苦しみがある。

その心の苦しみとは、コーチが組織改革をすることで、選手との間に生ずる軋轢から伴ってくるもの。

保守的な選手は、具体的には、組織改革に際して、従来の組織のなかで、満足していたPlayerや、今まで何も考えずプレーしたいという選手から、コーチに対して猛反発が起こる。(練習ボイコット・一時的モチベーションの低下)

しかし、コーチが一度経験して実行に移したのであれば、どんな状況になろうとも不動の決意で組織改革を続けていく必要があります。

現代の子どもは、平気で大人を試すような面をもっています。
            ↓
状況によってコーチの意志が右往左往するようでは
            ↓
本当の意味でのコーチへの信頼はない。

コーチは一度、決断をしたなら、それを継続して遂行していくことが大切。
            ↓
間違いなく選手はコーチに対して、より強い信頼感を示す。





◆主役は選手であり指導者ではない (Players First)

スポーツ指導者は、無意識のうちに「この選手は自分が育てたのだ」という気持ちになってしまいがちです。

そして、その名誉を手にいれたいがために、指導に熱を上げている指導者が数多くいるのもまた事実です。

日本のスポーツ界はまだまだ未成熟で、プロ野球やJリーグなどを除けば、指導者がスポーツだけで生活していくのは、かなり難しいものがあります。

ですから、たとえば高校の指導者が、もし自分が指導した選手が活躍して自分も有名になれば、「私立高校からヘッドハンティングされるのでは」と期待してしまうのも、やむを得ないことなのかもしれません。

このことは、スポーツクラブやスイミングスクールなどの指導者も同じことです。

今一度、冷静に自分の心に尋ねてみましょう。熱心に指導しているのは、選手のためではなく自分のためんではないでしょうか。

もしそうであるなら、まずはそのことに気づき、認めることが大切です。

しかし、そうしたことを考えてしまったからといって、必要以上に卑下することはありません。

ただ、選手を指導するのは自分だという思いが強すぎると、選手が負けた時に、その選手に対して怒りが湧いたり、失望したりするということを覚えておいてほしいのです。

このほか、選手の将来を十分に考えずに練習や試合で酷使してしまったり、事あるごとにその選手を育てたのは自分だとアピールしたりということが起きてしまうこともあります。

もっと極端な例をあげるなら、期待のできる選手が入ってきたら人一倍その選手を熱心に育てようとするくせに、その選手が思うように育たなかったり、ケガをしていまったら、180度態度が変わって、相手にもしないという指導者もいます。

こうした指導をしていたのでは、いくら指導者が表面をつくろっても、選手たちは決してごまかさません。

選手からすれば「いいように使われた」と思うに違いありません。

指導者の思いというのは、無意識に言動や態度に表れてしまうということを肝に銘じておいて下さい。

当り前のことですが、主役は選手であり、決して指導者ではないということを、再認識して下さい。

育てるではなく、育てさせてもらっているくらいの感覚で、ちょうどいいのです。

繰り返しになりますが、指導者人間ですから、「有名になって名を上げたい」という欲があってもいいのです。

しかし、それを上回るくらい、自分よりも選手を第一に考えてあげる姿勢が、指導者には求められるのです。

指導者として有名になるのは、あくまでも結果であって目的ではないのです。

確かに報われない仕事かもしれませんが、選手の成長を見届けるといった、至福の喜びがあることを忘れないでください。





◆PATROL しましょう (よりよい指導者になるために)

Proces 「結果ではなく、経過を重視しましょう」
結果を評価するのではなく、経過を重視しましょう。
どんな結果であろうとも、結果にいたるまでの努力や行動があったはずです。
いい結果がでた時も悪い結果が出たときも、プレーヤーと一緒に原因を考えてみましょう。 

Acknowledgment 「承認しましょう」
プレーヤーの意志を尊重し、その行動や言動を承認することが重要です。
自らの存在を認められることが、プレーヤーにとって大きな励みとなるのです。 

Together 「一緒に楽しみ、一緒に考えましょう」
何よりも指導者自身が楽しくなければ、プレーヤーも楽しくありません。
プレーヤーとともにスポーツを一緒に楽しみましょう。 

Respect 「尊敬しましょう、尊重しましょう」
年齢、性別に関係なく、すべての人を尊敬する気持ちを持ちましょう。
10人いれば10人の個が存在します。
プレーヤーの個性を尊重しましょう。

Observation 「よく観察しましょう」
プレーヤーをよく観察しましょう。
体調は万全か、悩み事はないだろうか。
見ていなければわかりません。
「見られている」ことでプレーヤーは安心するのです。
 
Listening 「話をよく聴きましょう」
自分が話すより、プレーヤーの話を聞く時間を多く取るように心がけましょう。
指導者が「なってほしいプレーヤー」ではなく、プレーヤー自身が「なりたい」自分を意識し、気づかせるためには、プレーヤー自身にたくさん話す機会を作ってあげましょう。 





◆サッカーをする子を持つ保護者の方に
〜Guidlines to Soccer Parenthood〜

1.試合や練習を見に行ってあげましょう
  もし時間があるなら、子どもと楽しみの時間を共有してあげて下さい。
  子どももそれを望んでいるはずです。

2.選手達の「判断」を尊重してあげましょう。
  自分で「判断」をし、プレーすることが、サッカーで最も楽しく、そして重要なことです。
  外からの声で彼らの「判断」に圧力をかけないようにしましょう。

3.レフリーの判定を批判しないようにしましょう。
  たとえミスジャッジがあったとしても、それも含めて「サッカー」というスポーツなのです。
  子どもたちがフェアプレーの精神を学ぶ妨げにならないようにしましょう。

4.試合では、すべての子どもを応援してあげましょう。
  自分の子どもだけにならないよう、チームのサポーターになってください。

5.試合では、相手のいいプレーにも拍手をしてあげましょう。
  相手チームは、「敵」ではなく、「サッカー愛する仲間」です。
  相手チームのいいプレーに対しても拍手してあげることが、子ども達にとっても
  いい影響をあたえるはずです。

6.試合が楽しかったか、エキサイティングであったか、聞いてあげましょう。
  大切なのは、勝敗よりもサッカーを楽しむことです。
  結果だけを聞いていると、勝敗に対するプレッシャーを与えてしまいます。

7.クラブでの仕事はコーチと相談してください。
  クラブの仕事をサポートしていただけること、特にケガ等の不慮の出来事の際などは
  非常にありがたいことです。しかし、子どもたちのためと思って行うことも、やりすぎて
  しまうと、時には選手が自立することの妨げとなることもあります。

8.身体づくりの手助けをしてあげましょう。
  身体づくりには、トレーニングだけでなく、バランスのとれた食事と十分な睡眠、
  そして規則正しい生活習慣が欠かせません。
  子どもたちがより楽しくサッカーができるように、身体づくりの手助けをしてあげましょう。

9.勝敗で、コーチにプレッシャーをかけないようにしましょう。
  コーチたちは、目先の勝敗よりも、一人一人の選手たちの将来に向けて大きく育てようと
  指導しています。親が勝利にこだわってしますと。結局は、そのしわ寄せが子どもたちに
  くることになってしまいます。

10.子どもがサッカーをすることを刺激し、勇気づけてあげましょう。
  調子の良いときだけでなく、調子の悪いときにも励ましてあげましょう。
  ただし、過度の期待は、子どもにとってのプレッシャーとなり。知らず知らずのうちに
  子どもを追い詰めてしまう場合があります。
  サッカーをするのは、あなたではなく、あなたの子どもなのです。
  子どもたちには、「子ども」でいさせてあげましょう。



 



Information
NPO法人 春日イーグルス
〒816−0813
福岡県春日市惣利3−46
092−595−5197

 Copyright (C) 2007 kasuga eagles All Rights Reserved.